北海道全域(札幌)の停電の復旧(再開)はいつ?8日にはほぼ復旧予定(北海道6強地震)

9月6日未明に

北海道で震度6強の地震が

発生しました。

北海道全域で

大規模な停電が発生するなど

ライフラインにも大きな影響が

でているようです。

スポンサードリンク

北海道震度6強の地震で全域が停電!発生時の状況は?

北海道で震度6強の大きな地震が発生し、

電気の使用量と発電量の需要と供給の

バランスが崩れたことにより、

停電が発生しております。

北海道でかなりの範囲の

停電が発生したようです。

地震発生時

北海道電力のホームページは

つながりませんでしたが、

現在は見ることができます。

北海道(札幌)の停電の復旧(再開)はいつ頃?

地震により泊原発は

外部電力を喪失し、非常用電源で

対応しています。

ニュースによると、まだ

復旧の見通しは立っていないとのことでした。

まずは水力発電所の復旧を

随時開始し、火力発電所に電気を送る。

その後、火力発電所の発電を再開する作業を

進めるというお話でした。

火力発電所はたくさんの機器を動かすために

電気がいるため、発電するには外部からの

電力が必要になります。

ニュースで世耕経済大臣による話では

まずは数時間以内に電力の復旧をめざすと

いうことでした。

*9月6日追記*北海道の全域での停電は完全復旧まで1週間以上

砂川火力発電所は6日午後1時すぎに再開しました。

午後2時以降に道内の295万戸のうち

28市町村の32万9千戸の

地域で電気が復旧したようです。

地域は以下の通りです。

復旧したのは次の28市町村。旭川市▽士別市▽名寄市▽上川町▽愛別町▽東神楽町▽当麻町▽東川町▽深川市▽剣淵町▽美深町▽下川町▽妹背牛町▽札幌市▽岩見沢市▽三笠市▽美唄市▽奈井江町▽歌志内市▽赤平市▽芦別市▽滝川市▽新十津川町▽安平町▽室蘭市▽苫小牧市▽占冠村▽泊村

まだまだ道内の10分の1以下ですね。

6日の午後9時時点で250万戸が停電しております。

経済産業省は7日の朝までには本州から電力を

融通し、約半分弱の120万戸の電気を復旧

させたいと考えているようです。

*9月7日追記*北海道の全域の停電は8日にほぼ復旧へ

北海道電力の火力発電所の稼働、

本州からの電力を融通したこと

企業から電力の買取をすることで

ピーク時の9割にあたり供給力を

8日には確保すると発表が

ありました。

少しずつ電気も復旧しているようですが

停電の場所も多いようです。

早く停電が解消されるよう願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする