雛祭りの雛人形、いつ飾る?いつしまう?しまう時に重要なアレって?

「あれ、雛人形っていつ頃から飾るんだっけ…?」

121263

2月になるとカレンダーとにらめっこして
迷ってしまうこの時期…(;´・ω・)

端午の節句のように、

こいのぼり、お隣が出したからうちも!
みたいに外から分かればいいのに~

お向かいのママ友は
雛人形を
飾るのいつかな~

う~気になる…(;´Д`)

いつも悩んでギリギリになっちゃうので
今回こそは、
直前に慌てて飾らないために!

そして、しまうタイミングも迷わないように!

ひな人形は、いつ頃から飾るの?いつしまっていいのか?

について調べてみました~

スポンサードリンク

雛人形、いつから飾るのか?

一般的には、雛祭りを飾り始める時期は、

立春からと言われています。

立春は2月4日とですので、
 雛人形を飾るのは節分が終わったら。

と覚えておきましょう(*^▽^*)

また、二十四節気をもとに考えると、

雨水(うすい)の日に飾るとよいとも言われています。

なぜかというと、
この日に飾ると良縁に恵まれると言われているからです。

雨水は雨が降った日…ではなくて、
天気が暖かくなり、
雪から雨へ、氷が水へとなり
寒さが和らいでいく頃と言われています。

雪解け水が、乾いた田んぼや川を水で潤いをもたらし、
草木も芽吹きはじめることから、
水は命の源であり、母であるとされていました。

859f72a77a90ae1b2fb7e7833ae69f48_s

また、
洗濯、炊事など水回りの作業が多いので、
昔から女性は水と縁がありました。

ですので、雨水の日には女性はよいご縁があるとして、
雛人形を飾るのがよいとされています。
2018の雨水は2月19日。

雨水はこの日だけでなく、
啓蟄(けいちつ)の前日の3月4日までの
期間のことを指します。

ですので、2月18日にこだわることもないですが、
雨水の時期になったらご家庭の都合のいい日を選んで
雛人形を飾るのがいいでしょう(*’▽’)

遅くても、雛祭りの1週間前の2月24日には飾るようにしましょうね。

スポンサードリンク

雛人形、いつしまう?

しまうのが遅くなると、婚期が遅くなる
と言われる雛人形。

雨水の飾るときには良縁に恵まれるなんて言われるのに…(;’∀’)

迷信だとは思いますが、やっぱり気にしてしまいますよね。
雛人形をしまうのは、

3月5日の啓蟄の日
よいとされています。

若葉が芽吹き、虫が蠢き始めると言われる啓蟄の日は、
雨水の次の節目に当たります。

節句は、季節の変わる節目の行事なので、
節目を超えず、遅くとも3月中旬までにはしまうのがいいそうです。

これでしまう日にちもばっちり!
ですが、しまう日にちを決めるには

もう一つ超大事なポイントが…!!

天気のいい日を選ぼう!

雛人形をしまう日は、

晴れた乾燥した日を選びましょう!

125036

なぜなら、雛人形は”絹”を使っているから。

絹は、湿気が苦手なのです。

また、もし雨の日に
湿気を多く含んだ雛人形たちをしまったら、

カビやシミの原因になってしまうこともあるそうです。

翌年久しぶりのお雛様たちとの再会で
子供を悲しまないためにも、
お人形さんには湿気を残さないようにしましょう。

まとめ


*雛人形を飾る時期*
・早めがいいなら2月4日・少し遅めに出したい!という人は
2月18日から2月24日までの間
*雛人形をしまう時期*
・2月5日~3月中旬までの晴れた日

がオススメです!

今年は慌てずに雛祭りを迎えられそうです。
子供の成長を心から願いつつ、
子供と一緒に雛祭りを楽しみましょうね。

は~、これで
向かいのママ友がいつひな人形飾るのかを
気にしないですみます(汗)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする