東京マラソン2019のホテル宿泊のおすすめはどこ?便利なエリア3つを紹介!

こんにちは、ゆるねこです。

毎年冬には

東京を3万人以上のランナーが走る

東京マラソンがありますね!

東京マラソンに遠方から参加するなら

日本各地からはもちろん、

外国の方も多数参加するので

当選したら早めに宿

押さえておきたいですよね!

東京マラソンで

宿泊に便利と思われるエリアは、

スタートorゴール地点に近い

のはもちろんですけど

ナンバーカードを貰いに行く

東京マラソンEXPOの会場である

東京ビッグサイトからホテルへの

アクセスも楽な宿泊エリア

ご紹介します!

スポンサードリンク

  1. その1:スタートに近い新宿駅エリア
  2. その2:ゴールに近い新橋駅エリア
  3. その3:23区内なら錦糸町や亀戸や門前仲町がおすすめ
  4. まとめ

その1:スタートに近い新宿駅エリア

東京マラソンに便利な場所といえば、

やっぱりスタート地点に近い

新宿駅ですよね(*^-^*)

*新宿駅から都庁・ビッグサイトまでのアクセス*

都庁(スタート地点)まで

→徒歩圏内

東京ビッグサイト(EXPO)まで

埼京線(りんかい線直通)で1本(40分弱)

(山手線か湘南新宿ラインで大崎駅まで行き、
りんかい線に乗り換えた方が早く到着することもあります)

ゴール後も東京駅から新宿駅までは

JRや地下鉄で1本なのでホテルへ帰れるのも

楽だと思います。

都庁に近い新宿西口周辺のホテルはこちらです!
↓↓
新宿ワシントンホテル 本館
新宿駅から地下通路でホテルが直結。
羽田や成田空港からホテルまでの
リムジンバスも嬉しいですね。
ホテルの目の前が都庁なのも嬉しいです。

イビス東京新宿
新宿西口から徒歩5分。
コンビニや飲食店も近いです。

京王プレッソイン新宿
スタート地点の都庁まで徒歩4分と
近い為、東京マラソンの参加者に人気の
ホテルです。

スポンサードリンク

その2:ゴールの東京駅に近い新橋駅エリア

東京マラソン走った当日もホテルに

泊まる予定の方は、ゴールのある

東京駅に近い新橋駅近辺も

おすすめのエリアです。

*新橋駅から新宿駅・ビッグサイトまでのアクセス*

都庁(スタート地点)まで

→JR山手線で1本(30分)

東京ビッグサイト(EXPO)まで

→ゆりかもめで1本(22分)

新橋の駅チカホテルはこちらです
↓↓
相鉄フレッサイン 新橋日比谷口
THE HOTEL SHINBASHI(ザ ホテル新橋)
アパホテル<新橋 虎ノ門>

スポンサードリンク

その3:23区内なら錦糸町や亀戸がおすすめ

スタートやゴール地点の近くは

やはり人気があるので早めに予約しないと

すぐに満室になってしまいます。

そんなときはどこで前泊しよう…と

悩んでしまいますが、

東京マラソンの宿泊には

錦糸町駅や亀戸駅もおすすめです。

*錦糸町駅or亀戸駅から新宿駅・ビッグサイトまでのアクセス*

都庁(スタート地点)まで

中央総武線で1本(30分)

東京ビッグサイト(EXPO)まで

→都バスで1本(37分)

…ん?都バス?

電車じゃないの??(;’∀’)

そうなんです。

錦糸町駅・亀戸駅には

東京ビックサイトに停まる

都バス 急行05 日本科学未来館行

バス停があります。

(ただし、土日のみの運行です)

始発の錦糸町駅前から乗ればゆったりと

座ってビッグサイトへ向かうこともできます。

東京ビッグサイトへ都バスで行くと

1本で行けて乗り換えもなく楽ちんですし

都バスの料金は片道210円です。

ゆりかもめを使っていくと

新橋から国際展示場までで380円するので、

ゆりかもめとJRを乗り継いで

行くより安く済む

というメリットがありますよ。

錦糸町駅&亀戸駅周辺のホテルはこちら
↓↓
スーパーホテル東京・錦糸町駅前

モクシー東京錦糸町(マリオットグループ)(2017年11月1日オープン)

相鉄フレッサイン 東京錦糸町(2017年12月10日オープン)

スーパーホテル東京・亀戸

また、東京スカイツリーもある押上駅も

錦糸町駅から地下鉄で1駅なので

ランナーならランニングがてら

観光してみるのもいいですね♪

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は東京マラソンに便利なエリアの

新宿・新橋・錦糸町・亀戸について

ご紹介しました。

ご自分の日程に合わせて

東京マラソンに便利なエリアを

選んでみてくださいね。

新宿など人気のエリアのホテルは

すぐに満室になってしまいますので、

早めに部屋を確保するようにしましょう!

当たった方が羨ましい~

私は2019も外れました…(´;ω;`)

それでは、最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする